御問合/ A letter of enquiry| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

074/宮良殿内文庫

御問合/ A letter of enquiry

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。3枚。25.5×19.0cm。楮紙。罫紙使用。

八重山島の役人である頭・首里大屋子(しゅりおおやこ)が「上国」(沖縄本島に行くこと)して国王に拝謁する儀式
(「朝見」)と役人の那覇への出張に関する史料。1889年作成。王国時代の慣例について、八重山島役所から八重
山島蔵元にいくつかの質問が出され蔵元側がそれに答えたもの。上国する順番について役所側と蔵元側とでは認識が
異なっており、那覇に出張する役人をどのように選ぶかということでの確認を前例をもとに報告している。上国する役人を
選ぶ基準は、頭(かしら)・首里大屋子(すいりおおやこ)・蔵筆者(くらひっしゃ)と、与人(ゆんちゅ)・目差(めざし)とでは
異なっていたようである。

Historical records about official trips to Naha and CHOUKEN, which is the ritual where the KASHIRA and
SHURIOOYAKO (Yaeyama officials) travels to pay respects to the King. The questions raised by the
Yaeyamajima District Office (YAKUSHO) are answered by KURAMOTO (Yaeyama Administration). The
KURAMOTO and YAKUSHO had different understandings in regards to the order of trips to the mainland,
and the letter confirmed on the details of the selection process of officials to be sent to the mainland
based on precedents. The standard selection process differed between the KASHIRA, SHURIOOYAKO,
KURAHISSHA; and the YUNCHU and MEZASHI.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御問合/ A letter of enquiry

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る