(人口調に関する書類)/Census note| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

073/宮良殿内文庫

(人口調に関する書類)/Census note

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。3丁。27.5×18.5cm。楮紙。

人口調査に関係する文書。作成年代、筆者不明。「壱番」「弐番」「参番」と三つの調査内容が記されているが、
全て同じ内容である。年代は不明だが、史料に「酉札改以後」(トリフダアラタメイゴ)とあり、前回調査は酉年だった
ことが分かる。「真栄里親雲上」(マエザトペーチン)という記述が見られるが、地域は特定できない。この時期の八重
山の総人口は「一万五千七拾人」とある。

Date and author unknown. Although the survey results of the census were separated into three parts,
all the three seem to have the same contents. Although the text was not dated, it wrote that the last
census occurred in the Year of the Cock. There were records of a Peechin Maezato but the area mentioned
could not be identified. It is written that the population of Yaeyama at the time was 15,070.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(人口調に関する書類)/Census note

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る