八重山算法/Calculation methods for taxing items in Yaeyama| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

071/宮良殿内文庫

八重山算法/Calculation methods for taxing items in Yaeyama

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。72頁。須藤利一編。昭和13(1928)年6月20日発行。

これは須藤利一が道光六年(1826年)若文子(わかてぃくぐ)である亀川仁屋(かめかわにや)によって書かれた史料を
翻刻し、解説をつけて発行したもの。その際、もとの史料には表題は付けられておらず、須藤によって『八重山算法書』
と付けられた。内容としては貢納物として差し出す品物の算出方法や、夫役の算出方法などが記されている。

Originally written by Kamekawa, Niya, who was a Wakateikugu, this book is the edition printed in 1826
with explanatory notes by Sudou, Riichi. At the time, as there were no titles given, Sudou named the book
Yaeyama sanpousho. The contents involve calculation methods for the payment of goods and labour to
the government etc.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

八重山算法/Calculation methods for taxing items in Yaeyama

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る