西之平等文言集/Papers from Nishi no Hira| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

068/宮良殿内文庫

西之平等文言集/Papers from Nishi no Hira

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。80丁。28.6×15.6cm。藁紙。光緒5(1879)年上国の時購入。

案文集。作成年代・筆者は不明。光緒5年(1879)に松茂氏宮良親雲上が上国した際に、購入。「西之平等」
(ニシノヒラ)は、琉球王国時代の「首里三平等」の一つで、儀保(ギボ)村、赤平(アカヒラ)村、汀志良次(テシ
ラジ)村、久場川(クバガワ)村で形成されていた。聞得大君御殿(キコエオオキミウドゥン)や平等所(ヒラジョ)といった
王府施設や、王子・按司・親方などの上流階級の屋敷が並ぶ地域でもあった。本史料は、この地域の居住者が
使用していた文書の案文集と考えられ、特に「勤学」「学校所」などの文筆稽古に関する案文が中心となっている。
その中に数点、両先島(宮古・八重山)に関する文書の案文が収録されており、それを知った松茂氏宮良親雲上
當宗が、購入し持ち帰ったと考えられる。

Title: Nishi no Hira mongonshū (Papers from Nishi no Hira).

A collection of drafts with the date and author unknown. Purchased by Matsumo-uji Miyara Pēchin when
visiting Okinawa Island in 1879. Nishi no Hira (the western hira) refers to one of the three Shuri san hira
of the Ryukyu Kingdom and consists of the villages Gibo, Akahira, Teshiraji, and Kubagawa. This was
an area filled with government buildings such as the Kikoe Ōkimi Udun and Hirajo as well as an upper
class residential area for princes, ajis, and uēkatas. This collection of drafts appear to have belonged
to the residents of this area, with most of the contents relating to writing excercises at school. There
were a number of drafts relating to Miyako and Yaeyama, which was probably the reason why Miyara
Pēchin decided to purchase this book at the time.

(Updated on March 31, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

西之平等文言集/Papers from Nishi no Hira

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る