大中良等庵主以呂波御詠/Iroha poems by Daichū Ryōtō Anshu| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

064/宮良殿内文庫

大中良等庵主以呂波御詠/Iroha poems by Daichū Ryōtō Anshu

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。6丁。

筆写年代、筆写者ともに不明。俳句集。表紙には「大中良等庵主いろは御詠」とある。いろは仮名47文字をそれぞれ
頭文字として、47 個の句を歌っている。また加えて、二から十の漢数字をそれぞれ頭文字として、9個の句を歌っており、
計56個の句が収められている。「大中良等庵主」(ダイチュウリョウトウアンシュ)は、薩摩藩第15代藩主島津貴久(シマヅ
タカヒサ)(1514~1571)の戒名である。彼の父である島津忠良(シマヅタダヨシ)(1493~1568)によって作られた「いろは
歌」も存在する。

(資料名修正。2015年3月31日更新)

Title: Daichū Ryōtō Anshu iroha gyoei (Iroha poems by Daichū Ryōtō Anshu).

Date and author unknown. A collection of haiku poems. Daichū Ryōtō Anshu iroha gyoei is written on
the cover. Contains in total 56 verses, with the first 47 beginning with the 47 Japanese kanas in syllabary
order, which is then followed by 9 verses beginning with the numbers 2 to 10. Daichū Ryōtō Anshu is the
posthumous Buddhist name of Shimazu Takahisa , who was the 15th generation of Satsuma feudal lords
(1514~1571). There are also iroha uta songs, written by his father Shimazu Tadayoshi (1493~1568).

(Revised the title, and updated on March 31, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

大中良等庵主以呂波御詠/Iroha poems by Daichū Ryōtō Anshu

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る