斎宣公以呂波御宇多/Narinobu's poems in IROHA order| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

063/宮良殿内文庫

斎宣公以呂波御宇多/Narinobu's poems in IROHA order

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。5丁。

本史料は、慶応4(1868)年8月に筆写されたものである。タイトルにある「齊宣」とはおそらく島津家第26代藩主島津
斉宣(しまづなりのぶ)のことで、筆写された年は斉宣が藩主であった時期(1787-1809年)から70年ほど経過している。
「以呂波御宇多」とは「いろは歌」を指すと思われる。

Title: Narinobu-kō iroha outa (Narinobu's poems in IROHA order).

This text was written in August, 1868. Narinobu in the title most probably refers to the 26th generation
of feudal lord from the Shimazu family, namely Shimazu Narinobu. It appears that this book was written
around 70 years after the reign of Narinobu which was from 1787 to 1809. The iroha uta most probably
refers to poems arranged in the traditional ordering of Japanese syllabary.

(Updated on March 30, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

斎宣公以呂波御宇多/Narinobu's poems in IROHA order

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る