カナリ鳥之説/The story of the Canary| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

061/宮良殿内文庫

カナリ鳥之説/The story of the Canary

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。

「カナリ鳥」飼育についての解説。雌雄の交接から産卵までの日数、孵化、雌雄の分別に要する日数や餌について記されて
いる。さらに 「青モノ類」の項目名を付した文書があり、「天国香」「阿蘭陀菖蒲」(オランダショウブ)の形状・色・生育
過程・肥料について記されている。肥料には、米 の汁や小便、魚を洗った汁などを用いるとしている。観賞用の花鳥につい
ての解説か。

Title: Kanaritori no setsu (The story of the Canary).

Explanation on the breeding of canaries, with details on the number of days between intercourse and
egg-laying, incubation, number of days required for the disctinction between male and female offsprings, and
bird feed. Furthermore, there were also writings under the title of "category of greens", and provided details
on the shape, color, process of reproduction, and fertilizers used for tenkokkō (a type of rose) and the dutch
iris. Rice water, urine, and water used to wash fish was used in the fertilizer. This is perhaps a book of
instructions on birds and flowers for viewing.

(Updated on March 30, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

カナリ鳥之説/The story of the Canary

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る