孝経,その他諸書物綴/Teachings of filial piety and others| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

054/宮良殿内文庫

孝経,その他諸書物綴/Teachings of filial piety and others

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。131丁。26.2×19.0cm。楮紙。

本史料は大正八年(1919年)に宮良當整が『孝経』(こうきょう)を書写したものである。『孝経』とは孔子が弟子の曾子に
対して考道を述べたのを、曾子の弟子が記録したものとされており、一巻十八章からなる。文中に「松茂氏 當親」という
名前が確認でき、この人物によって最初に書写されたと考えられる。またこの写本の構成について、原本である『孝経』と比
較すると章の並び方が異なっている。

Titile: Kōkyō, sonota shoshomotsu tsuzuri (Teachings of filial piety and others).

A copy of Xiao Jing (J., Kōkyō) written by Miyara Tōsei in 1919. Xiao Jing is a record of Confucius' teachings
to his disciple Zengzi, and has 18 chapters. The name Matsumo-uji Tōshin was identified in the text and is
believed to be the first one to have made a copy of the original. The arrangement of chapters seemed to
differ from the original version.

(Updated on March 27, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

孝経,その他諸書物綴/Teachings of filial piety and others

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る