家訓歌語 上下/Family precepts (vol. 1 & 2)| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

050/宮良殿内文庫

家訓歌語 上下/Family precepts (vol. 1 & 2)

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。50丁。23.2×16.0cm。芭蕉紙。同治7(1868)年2月書写。

同治7(1868)年に、松茂氏當親によって筆写された写本。家訓を歌にして綴った歌集兼教訓書。道光25(1845)年に
蔡氏の翁長筑登之親雲上(オナガチクドゥンペーチン)によって作成され、道光27(1847)年に翁長筑登之親雲上から
八重山の西表首里大屋子(イリオモテシュリオオヤコ)に伝えられている。「十哥家訓(一から拾)」(ジッカカクン)「十二
哥家訓(子から亥)」(ジュウニカカクン)「八哥家訓(忠尽君恩、孝順父母など八点)」(ハッカカクン)などの分類がなさ
れている。まず、歌が詠まれ、その後に解説が付く形式を取っている。

Title: Kakunkago jō ge (Family precepts vol. 1 & 2).

A copy written by Matsumo-uji Tōshin in 1868. In the book, the family precepts are written in poetic verse,
so this is regarded both as a poetry book and a book of family precepts. Originally written by Onaga
Chikudun-Pēchin in 1845, this document was passed on to Yaeyama's Iriomote Shuri Ōyako in 1847.
The poems were separated into sections such as "Jikka Kakun" (10 family precepts), "Jūnika Kakun"
(12 family precepts), and "Hakka Kakun" (8 precepts pertaining to loyalty to the king and filial piety, etc.).
Each poem is written at first, then followed by explanations.

(Updated on March 25, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

家訓歌語 上下/Family precepts (vol. 1 & 2)

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る