和歌集/Anthology of waka poems| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

047/宮良殿内文庫

和歌集/Anthology of waka poems

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1冊。35丁。22.1×15.1cm。罫紙使用。筆写年代・筆写者不明。

前半は,小倉百人一首の100首を収めている。後半は,小倉百人一首の著名な歌人の歌を中心に186首を収めている。
122番歌からは162番歌までは,他書から引用した歌を挙げていて,これにはいちいちに評釈が加えられている。 163首か
らは「対類和歌集」という耳慣れない歌集からの引用である。知識層の教養のいっかんでもあった和歌を,八重山の人々
がどのように摂取したのか,近世の和歌の受容の様子を伺うことのできる歌集である。

(池宮正治)

Title: Wakashū (Anthlogy of waka poems).

The first half contains the Ogura Anthology of One Hundred Tanka by One Hundred Poets. The latter half
contains 186 tanka poems from the more famous poets from the one hundred poets listed in the first
section. Between numbers 122 and 162, poems from other books were quoted, and annotations were included.
From number 163, poems were quoted from an unfamiliar anthology named Tairui Wakashū. This anthology
provides an insight into how the people of Yaeyama embraced waka, which was one of the refinements of
the intellectual class.

(Updated on March 24, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

和歌集/Anthology of waka poems

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る