願/Petition| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

045/宮良殿内文庫

願/Petition

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。22丁。明治16(1883)年6月。

本史料は明治十六年(1883年)前後の八重山蔵元の行政に関する書状を書写したものと考えられる。当時の沖縄県
県令である岩村通俊(いわむらみちとし)宛てに出された、医者田里筑登之親雲上(たさとちくどぅんぺーちん)からの優遇
願いや、牛馬の売買に関して取締りを願い出たものなどが収録されている。また後半には家譜の仕次に関する願書きが
まとめて収録されている。

Title: Negai (Petition).

This source document appears to be a collection of letters related to the Yaeyama Kuramoto's administration
written around 1883. Includes items such as a letter addressed to the Okinawa Prefectural Ordinance (Iwamura
Michitoshi) from Doctor Tasato Chikudun-Pēchin requesting favorable treatment, and a request for the
control of horse and cattle trade, etc. Furthermore, the latter half included a petition relation to the keeping
of genealogy charts.

(Updated on March 24, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

願/Petition

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る