漢文集/Appeals in Chinese| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

043/宮良殿内文庫

漢文集/Appeals in Chinese

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。27丁。22.7×15.2cm。楮紙。光緒14(1888)年。

光緒14(1888)年8月3日に松茂氏當整によって筆写された写本。内容は、中国へ漂着したときに用いる案文集である。
始めに漢文で示され、その後に、朱書による候文での説明が記されている。全てが中国漂着時の対処に関する文書で、
現地官人への報告書案、飯米支給の願文案、病人発生時の報告書案などが見られ、中国漂着時において現地の
役人とどうコミュニケーションをとっていたのか、またどのように対処していたかを知る上で貴重な史料となっている。史料の
原本は、八重山島の耕作筆者(コウサクヒッシャ)慶田城姓質敏(ケダグスクセイシツビン)が作成し、のちに石垣島に漂
着した中国人姚恒順(ヨウコウジュン)、また久米村伊良皆親雲上(イラミナペーチン)の添削を受けこの形式になる。
本史料自体は錦芳氏新城与人用升(キンポウウジアラグスクユンチュヨウショウ)所有の物から写している。

Title: Kanbunshū (Appeals in Chinese).

A copy written by Matsumo-shi/uji Tōsō on 3 August, 1888. These are draft papers used when drifted
ashore China. First these were written in Chinese, followed by explanations in epistolary style written
in red ink. As these were all documents intended for use in the case they drift ashore China, it includes
items such as reports to the local officials, appeals for food, medical reports for the sick and injured,
etc. This is an important document showing how communication was established with the Chinese local
officials and their strategies for coping with the unintended arrival in China after accidents at sea.

(Updated on March 24, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

漢文集/Appeals in Chinese

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る