易学小筌/A fortune-telling manual| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

038/宮良殿内文庫

易学小筌/A fortune-telling manual

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。44丁。22.3×15.0cm。楮紙。写本。罫紙使用。

筆写年代不明。宮良當整が筆写した写本。「易占」(エキセン)に関する書物で、文中に「新井白蛾(アライハクガ)先生著
 山熙(サンキ)校」とある。新井白蛾(1715~1792)は江戸時代中期の儒学者であり、「易学小筌」をはじめとして、多くの
易学に関する著書を残している。原本は、安永9(1780)年に出版されている。

Title: Ekigaku shōsen (A fortune-telling manual).

A copy written by Miyara Tōsei, with the date unknown. This book relates to the ekisen, and it is written
by Arai Hakuga, revised by Sanki. Arai Hakuga (1715~1792) is a confucianism scholar in the mid Edo period
and has left many great works on Confucianism such as Ekigaku Shōsen. The original book was published
in 1780.

(Updated on March 23, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

易学小筌/A fortune-telling manual

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る