案文集/Drafts| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

034/宮良殿内文庫

案文集/Drafts

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。54丁。

本史料は宮良當整が書写したと考えられる案文集。学問・文筆・算勘の重要性を村中の青年たちに諭したものや、
王府へ献上する御用布について念を入れるように蔵元から各村の役人たちへ申渡す案文等が収録されている。また
他にも勉学のために沖縄本島へ上国した子息に対して、身を慎み勉学に精を出すように認めたものもあり、その内容
は多岐にわたる。

Title: Anbunshū (Drafts).

This is a collection of drafts most probably written by Miyara Tōsei. Includes papers that stresses to the
youths of the village the importance of learning, literary art and mathematics; as well as correspondences
from the government to the officials in each village asking them to pay attention to the collection of textile
taxes. Also includes writings addressed to those who were studying on mainland Okinawa, urging them to
take care and concentrate on their studies.

(Updated on March 23, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

案文集/Drafts

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る