好生要伝/Maternity guide| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

031/宮良殿内文庫

好生要伝/Maternity guide

解説(Description)

  • 日本語
  • English

23枚。26.4×19.5cm。

出産の意義と妊婦の心得,食べ物の善し悪し,出産の異常正常,赤ちゃんの育て方,病気の治療法等を記した渡嘉
敷親雲上通起(?~1866)の医学書。通起は1850年に中国から〔種痘の法〕を伝来した著名な医者。これを光緒15
(1889)年当宗の書写したもの。

(池宮正治)

Title: Kōsei yōden (Maternity guide).

A medical book by Tokashiki Pēchin (? ~ 1866). Topics include: the significance of birth, pregnant women's
knowledge, effects of certain foods, normal and abnormal conditions of delivery, how to raise a baby, and
remedies to various sicknesses. Tokashiki Pēchin is a famous doctor who introduced methods of vaccination
from China in 1850.

(Updated on March 23, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

好生要伝/Maternity guide

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る