當用案文集/The daily drafts| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

030/宮良殿内文庫

當用案文集/The daily drafts

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。45丁。25.6×19.1cm。楮紙。咸豊11(1861)年6月書写。表紙渋引。

咸豊11(1861)年に松茂氏當親によって筆写された書状の案文集。前半部分で記載される「目録」をみても分かる
ように、書状の宛先としては、諸役人から王子・按司・三司官などで、差出人は八重山島蔵元行政トップである頭
から首里大屋子・大阿母など様々なパターンが想定されている。内容もご機嫌伺いからお礼、いろいろな祝儀といっ
た案文が多く記載される。史料は残念ながら中欠ではあるが、八重山八島の役人から王府側の役人への幅広い交
際が存在したことが垣間見れる史料である。

Title: Tōyō anbunshū (The daily drafts).

A collection of draft letters written by Matsumo-uji Tōshin in 1861. As listed in the table of contents, the
letters were addressed to various officials, princes, chiefs (aji) and Council of Three (Sanshikan). The
senders included Yaeyama's head of administrations: kashira, shuriōyako, ōamo, etc. The contents
were mostly greetings, congratulatory messages and messages of thanks. Although sadly some part are
missing, this source illustrates that there has been extensive socializing between the Yaeyama officials
and the royal government (i.e. Okinawan) officials.

(Updated on March 10, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

當用案文集/The daily drafts

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る