程順則由来/The history of Tei Junsoku| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

028/宮良殿内文庫

程順則由来/The history of Tei Junsoku

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。11丁。26.2×19.0cm。楮紙。光緒14(1888)年11月筆写。
本史料は、屋富祖親方(鄭章觀)(やふそおやかた・ていしょうかん)が程順則(ていじゅんそく)の徳行を漢文体で記録
したものを、尚育王が喜納親雲上に命じて和文体で書き改めさせ、道光24(1844)年に完成し、それを松茂氏當宗
(まつもしみやらとうそう)が光緒14(1888)年に筆写したものである。

Title: Tei Junsoku yurai (The history of Tei Junsoku).

A record of Tei Junsoku's virtuous deeds were originally written in Chinese by Yafuso Uēkata (Tei Shōkan).
This was then ordered to be translated into Japanese by King Shoiku to Kina Pēchin, which was completed
in 1844. The document on hand is a hand-written copy of the Japanese version by Matsumo-uji Tōsō in 1888.

(Updated on March 10, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

程順則由来/The history of Tei Junsoku

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る