大和俗訓/The teachings of Yamato| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

023/宮良殿内文庫

大和俗訓/The teachings of Yamato

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。182丁。26.0×19.2cm。楮紙。同治10(1871)年3月書写。

同治10(1871)年3月、松茂氏當宗(まつもしとうそう)による書写本。貝原益軒(かいばらえきけん)が著した「大和
俗訓(やまとぞくくん)」を筆写したもの。内容は原本に従い「大和俗訓自序」(竹田定直(たけださだなお)による)から、
「大和俗訓」の「巻之一」から「巻之八」までを筆写されている。内容は為学・心術・衣服・言語・躬行・応接に分かれ
ており、儒教をもとに道徳観念などが記載されている。

Title: Yamato zokukun (The teachings of Yamato).

A copy of Kaibara Ekiken's Yamato Zokukun hand-written by Miyara Tōsō (Matsumo-uji Tōsō) in March 1871.
The contents follow that of the original, including an author's preface by Takeda Sadanao and Chapters 1 to 8.
More specifically, the contents focused on moral and ethic teachings based on Confucianism and was divided
into the categories of intellectual pursuits, disposition, dress, language, manners, and interaction.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

大和俗訓/The teachings of Yamato

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る