孔聖全書/The complete texts of Confucius| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

018/宮良殿内文庫

孔聖全書/The complete texts of Confucius

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。208丁。26.7×19.5cm。青雁皮紙。

光緒10(1884)年に松茂氏宮良親雲上當宗が首里の毛氏新城親雲上所蔵の本より筆写した写本。孔聖(孔子)に
関する話を集めた全集の一部。筆写の元となった『孔聖全書』は、編纂は安夢松(アンムショウ)、校訂は黄大年(コウ
タイネン)が担当し、萬暦26(1598)年頃に鄭世豪(テイセイゴウ)によって刊本されている。本書の跋には「寛文8年戊
申仲春吉旦 武村三郎兵衛利行」とあり、原本は 1668年ごろに日本で発行されたものか。目録には「一巻聖代源
流」「二巻聖世歳抄」「三巻聖学」「四巻聖教」など全十三巻と「補遺」が記載されている。

Title: Kōsei zensho (The complete texts of Confucius).

A copy written by Matsumo-uji Tōsō in 1884. This is one part of the entire volume of stories on Confucius. Based on the
orginal book Kongsheng Quanshu, this book was edited by An Mengsong (J., An Mushō), revised by Huang Danian (Kō Tainen)
and was printed in 1598 by Zheng Shihao (Tei Seigō). A note written in the postscript implies that it was probably published
in about 1668. According to the contents list, it consists of 13 chapters and 1 appendix.

(Updated on March 3, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

孔聖全書/The complete texts of Confucius

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る