文書集/Document collection| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

017/宮良殿内文庫

文書集/Document collection

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1冊。28丁。25.8×19.6cm。楮紙。筆写年代不明。筆写者,当整。

目が不自由で近親者もなく,生活に困窮しているので救助してほしいこと,また若いときから三線の稽古をしてきているので,
この度の使者の三線稽古に役立ちたく,師匠に任命していれるようにという「口上覚」をはじめ,冠船渡来に関する「口
達」,琉蔵役を失態した者の「口上覚」と「詮議書」などがあり,末尾には組踊「執心鐘入」の物語が候文で紹介されて
いて,当時の人が「執心鐘入」をどう考えていたかを伺うことができる。

(池宮正治)

Title: Monjoshū (Document collection).

Contains a variety of different documents. The first piece is someone's verbal recount of how he was blind and poor with
no relatives but was now appointed to teach sanshin (instrument) to the envoy. There were also verbal orders regarding the
arrival of Chinese envoy ships and the verbal notes of those Ryukyuan government officials who disgraced themselves.
The collection ends with an epistolary book of the kumiodori piece Shūshin Kaneiri.

(Updated on March 2, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

文書集/Document collection

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る