服制/Funeral establishments| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

015/宮良殿内文庫

服制/Funeral establishments

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。49丁。26.5×19.5cm。青雁皮紙。光緒6年(1880)の写本。

松茂氏當宗(まつもうじとうそう)によって光緒6(1880)年に筆写され、翌年製本された史料。『服制』(ふくせい)とはもともと、
琉球王府の評定所(ひょうじょうしょ)によって1725年に定められ、1737年に改定された葬礼・忌服などに関する諸規定である。
本宗五服之図・妻為夫党外族母堂妻堂服図・出稼女為本宗降服之図等が記されている。上段には注が付されていて、
それは『文公家礼』『大清律』『孝慈録』等の本からの引用である。巻末に八重山の頭役以下役々、百姓までの葬礼定を付す。

(2015年3月2日更新)

Title: Fukusei (Funeral establishments).

This was written by Mastsumo-uji Tōsō in 1880 and was published the year after. Fukusei refers to the rules regarding
funerals and mourning, which was originally regulated by the Government's Court (Hyōjōsho) in 1725 and was later
amended in 1737. The first part contains annotations on texts such as Wengong Jiali and Daqinglu. The latter half
contains regulations on funeral etiquette for everyone, from the kashira to the peasants.

(Updated March 2, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

服制/Funeral establishments

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る