文書/Documents| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

010/宮良殿内文庫

文書/Documents

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。48丁。26.4×19.5cm。楮紙。咸豊3(1853)年11月6日書写。

咸豊3(1853)年に松茂氏當宗(まつもしとうそう)によって筆写された写本。内容は、相続した土地の境界についての訴え
からはじまり、孔子祭祀について王府へ訴え出たものや、冊封使来琉に関する案件など多岐にわたる。おそらく、石垣・
八重山に関する史料のみではなく、琉球王国全体に関わる史料群であろうと思われる。

Title: Monjo (Documents).

A copy written by Matsumo-uji Tōsō in 1853 . Its contents spans from complaints regarding the boundaries of inherited land,
to complaints to the Government regarding Confucius rituals, as well as cases involving Chinese envoys. It is considered to
contain not only information on Ishigaki and Yaeyama but also historical sources for the Ryukyu Kingdom at large.

(Updated March 2, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

文書/Documents

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る