案文集/Drafts| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

009/宮良殿内文庫

案文集/Drafts

解説(Description)

  • 日本語
  • English

光緒5,6(1879,1880)年。書写。27.5×19.4cm。1件,83丁。

當昭(とうしょう)の筆写した案文(あんぶん)集である。一族繁栄のために和悦・雍睦につとめること、言語・容貌を
正しくすること、孝弟の教えを説くものなど倫理的な内容の文章から、借金に関する書面、役人間での行政・業務
に関わる書状、ご機嫌伺いや祝儀を述べる書簡といった実用的な文例など、内容は多岐にわたる。また「国学(こく
がく)碑文の大意」の項目名を付したものもある。

Title: Anbunshū (Drafts).

This is a collection of drafts handwritten by Miyara Tōshō. The collection includes articles with a moral purpose such as
the one that claims that for the prosperity of the entire family, one should pursue harmony, upkeep correct usage of
language and appearance, and discuss the teachings of filial children. Also includes other documents such as those
related to loans, administrative correspondences between officials, congratulatory letters, etc. Furthermore, there is
also a section titled "The Meaning of the Kokugaku Inscription."

(Updated on March 2, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

案文集/Drafts

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る