善導鑑/Guide to goodness| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

008/宮良殿内文庫

善導鑑/Guide to goodness

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。52丁。25.5×19.2cm。楮紙。光緒14(1888)年2月書写。

光緒14(1888)年に松茂氏當宗によって筆写された写本。原本は首里故田場親雲上(シュリコタバペーチン)の三男
田嶋筑登之親雲上(タジマチクドゥンペーチン)による編集で、中国の書物『新鑑草』(シンカンソウ)から抜粋し和解
した教訓書。「王優鶏を助て水難を逃れ孝を得たる事」「楊倆城隍を祷て金を得たる事」など、因果応報の考えの
下で陰徳を積むべきだという趣旨の話が九点収録されている。裏文書は、破損等があり完全に読解することはでき
ないが、証文や「らい病(ハンセン氏病)」に関する診断書などがある。

Title: Zendōkan (Guide to goodness).

A copy hand-written by Matsumo-uji, Tōsō in 1888. The original was a Japanese translation of a Chinese book of moral
precepts named Xinjiancao, which was edited by Tajima Chikudun Pēchin (third son of the late Taba Pēchin in Shuri).
Includes nine stories urging readers to consider the effects of karma while building up their repertoire of secret charities.
The inside documents were damaged and could not be read completely. However, it contains contracts and medical
analysis of leprosy, etc.

(Updated on March 2, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

善導鑑/Guide to goodness

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る