万集/Documents of everything| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

003/宮良殿内文庫

万集/Documents of everything

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。28丁。25.7×19.0cm。楮紙。同治元(1862)年書写。

同治元(1862)年、松茂氏崎山与人當親(まつもしさきやまゆんちゅとうしん)による書写本。内容は、「孝」、「忠」、「禮」など言葉の説明からはじまり、
「位階歳割并褒美物規模(いかいとしわりならびにほうびものきも、雍正10-1732年定)」や「品定(しなさだめ、雍正7-1729年定)」など王府の位階・
品位の規定が記録される。ほかに「寺社格定之事(じしゃかくさだめのこと)」という琉球王国内の寺社の格式について記載された箇所や沖縄本島の間
切名、村名についてまとめられている。また「知行定(ちぎょうさだめ)」は首里・那覇の役職ごとの知行についてまとめられている。裏文書には、生年祝い
についてのことや書状の一部がまとめられている。

Title: Yorozushū (Documents of everything).

A hand-written book by Yunchu Matsumo-uji Sakiyama Tōshin in 1862. The book begins with explanations on the words
(filial piety), chū (loyalty), and rei (courtesy). It also includes records on the regulations of court ranks and grades of the Shuri
government that were released in 1732 and 1729. Furthermore, it writes about the regulations on various temples within the
Ryukyu Kingdom, summarizes the names of villages and Magiri's on mainland Okinawa and also summarizes the knowledge
and actions associated with various official positions in Shuri/Naha. The inner document includes birthday wishes and parts
of a letter.

(Updated on February 27, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

万集/Documents of everything

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る