トップ| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

デジタルアーカイブとは?

琉球大学附属図書館では、琉球・沖縄に関する古文献資料「貴重資料」をデジタル化し、一般公開しています。

デジタルアーカイブの目的

琉球・沖縄に関する古文献資料の教育研究資源を、社会的資源として、市民がこれら資料に気軽に親しみ、学習できる環境の整備と資料のデジタル化等を充実させることにより教育・研究の進展と文化資源のグローバルな利用を図ることを目的として、構築されました。 従来のデジタルアーカイブの機能に加え、古文書を翻刻し、現代語や解題(解説)を利用できる等、古文書の知識がないと利用しにくかった資料に気軽に親しめる機能が追加されています。 この他、資料の英訳を順次追加しており、国内だけでなく、海外からの利用にも広く対応していく予定です。 今後、琉球大学では、本事業を更に推進し、琉球・沖縄に関する貴重な資料を恒久的に保存し、広く世界へ公開することにより、社会貢献のみならず学術研究・教育に資するとともに、世界の琉球・沖縄研究拠点としての基盤整備を進めてゆきます。

解題・翻刻・現代語訳について

本デジタルアーカイブの解題・翻刻文・現代訳については、貴重資料の解題作成、古文書資料の翻刻や史料編集の経験を有している当館の職員が作成しています。翻刻文は合計4回の確認(翻刻作成および3回の校正)をへています。 判読不明の文字については、スタッフが協議をし、なお不明な文字については〓の表示をつけています。また、現代語については、英訳担当者を含むスタッフの協議の下で作成しています。また、翻刻文・現代文ともに、本学教員のアドバイスを受けています。 その他、本デジタルアーカイブの翻刻文に関しての凡例は、下記をご確認ください。
翻刻文凡例を見る

資料・原本のご利用について

掲載資料のご利用について

当ページ掲載の資料は、個人の研究や授業で自由に活用していただけます。但し、デジタルによる複製や転載はご遠慮下さい。書籍等への掲載については、事前の許諾が必要ですので、下記をご確認の上お問い合わせ下さい。
出版・放映・展示等のご利用方法

「阪巻・宝玲文庫」については、ハワイ大学マノア校ハミルトン図書館の所蔵です。書籍等への掲載については下記へご連絡ください。
ハワイ大学マノア校ハミルトン図書館
Japan Studies Collection

原本のご利用について

原本には保存の問題上、利用を制限している資料もあります。利用にあたっては、事前に下記をご確認の上お問い合わせ下さい。
利用制限資料について

文庫について

  • 宮良殿内文庫

    一覧を見る
    宮良殿内(みやらどぅんち)というのは、代々八重山の頭職を勤めた宮良家に対する尊称である。したがって宮良殿内文庫というのはこの家に伝来した資料を一括して総称した名称である。
  • 仲原善忠文庫

    一覧を見る
    沖縄の歴史やおもろの研究に大きな業績を遺した仲原善忠(1890~1964)の旧蔵資料である。昭和42(1967)年受入。3288冊(うち寄贈916冊、沖縄関係図書463冊)。歴史・文化史関係の資料を多く所蔵する。
  • 伊波普猷文庫

    一覧を見る
    沖縄学の先駆者、伊波普猷(1876~1947)の旧蔵資料である。昭和30(1955)年購入。161冊。『屋嘉比工工四』(昭和33年沖縄県有形文化財指定)、『おもろさうし』(田島本/仲吉本)、『喜安日記』など貴重な資料を所蔵する。
  • 島袋源七文庫

    一覧を見る
    沖縄の土俗・民間伝承研究に大きな足跡を遺した島袋源七(1897~1953)の旧蔵資料の一部である。昭和32 (1957) 年購入・受入。115冊。民俗学関係資料、とくに山原(沖縄本島北部)地域の資料を多く所蔵する。
  • 阪巻・宝玲文庫

    一覧を見る
    ハワイ大学マノア校図書館所蔵。イギリス人ジャーナリストのフランク・ホーレー(1906-1961)が収集・所蔵していたもので、元ハワイ大学教授の阪巻駿三氏が個人的に収集していた文献とあわせて阪巻・宝玲文庫と呼称される。
  • 崎原貢文庫

    一覧を見る
    元ハワイ国際大学学長で歴史学者の崎原貢氏の旧蔵資料。2002年1月に寄贈された。

琉球大学附属図書館
コンテンツサービス

 トップへ戻る